美顔鍼

眼精疲労が美容に及ぼす影響とは?美容鍼(美顔鍼)で対処しよう!

更新日:

美容鍼の施術を受けられる方の中には眼精疲労を訴える方も多くいます。

眼精疲労が美容にどんな影響を与えるのか?美顔鍼で対処することはできるのか?を書いていきたいと思います。

眼精疲労が美容に及ぼす影響

目が疲れると瞼(まぶた)が重くなり「目が開いていない」、「目が小さくなった」と感じることはありませんか?

まぶたが上がりづらい原因の一つに、まぶたを持ち上げる眼瞼挙筋(がんけんきょきん)という筋肉の疲労が挙げられます。この眼瞼挙筋は非常に小さい筋肉ですが、ずっと同じ動きしかしなかったり、あるいは同じ姿勢でいたりすると固まったようになってしまうのです。結果、目が開きづらくなり、小さく見えてしまう、という現象が起こります。

また、この眼瞼挙筋がうまく機能しないと、おでこにある眉毛を持ち上げる筋肉を使うようになり、これがおでこの横ジワの原因になったりします。

では、どのように防げばよいでしょうか。

腰痛を治す為に骨盤を調整して姿勢を改善したり運動をしなければならないのと同じで、目の周りの筋肉も頚や肩甲骨の調整をしたり運動を必要とする場合もあります。

遠くを見て目のピント調節機能をする毛様体筋(もうようたいきん)を緩め、負担を軽くすることも重要です。目や眉毛を動かす筋肉は顔の中でも動かす頻度の高い筋肉です。

まぶたがしっかり開かないと疲れて見えたり、雰囲気が暗く見えたり、全体的な印象に大きく影響を及ぼします。反対に眉毛がしっかり動くと表情が豊かになり、まぶたがしっかり上がっていると目元の雰囲気が明るくなり、アイメイクが映え、目ヂカラもアップし若々しい印象を与えます。

美容鍼でできること

まぶたを持ち上げる筋肉を刺激して目の開きを良くします。まぶたを持ち上げる筋肉や眉毛を上げる筋肉を鍼で緩め、目の周りの筋肉の動きを本来の動きに近づけます。どちらも、疲労や長年の習慣などで開きにくくなったまぶたを、本来動かすことの出来る最大限まで改善させる方法です。

美顔鍼はご自身の持っていらっしゃるものを最大限に引き出すお手伝いです。施術後の「目の開きやすさ」に驚かれる方は多いです。特に加齢により眼瞼挙筋(がんけんきょきん)が衰えてきた場合は、眉毛を上げる前頭筋(ぜんとうきん)を代わりに使うようになったり、顎を上げて物を見るようになったりするので、おでこの横ジワができやすくなったり、肩こりや首の痛みに繋がってくる場合もあります。

また、眼精疲労やそれに伴う自律神経症状は、東洋医学的には肝の変調の症状でもあることから、全身を調整する鍼灸施術もおすすめです。美容にも健康にも悪影響が出るのですね。

前半は眼精疲労が美容に及ぼす影響や美顔鍼の施術について主に書きましたが、眼精疲労の原因や症状についてもお伝えしていきます。

疲れ目は睡眠や休息をすれば回復するのに対して、眼精疲労は休息をしても眼の疲れは残り肩こりや頭痛、など全身の症状や自律神経に影響を及ぼします。

眼精疲労の症状としては、物を見ているだけで眼の疲れや痛みを感じ視界がかすんだり、頭痛、嘔吐などが起きるなどです。

そのほかに

・眩しく感じる

・充血する

・涙が出る

・眼が乾く

などの症状があります。

休養や睡眠で眼の疲れが取れるのは“疲れ目”ですが、それらを行っても改善されないものが“眼精疲労”です。

眼精疲労は様々な症状が現れ、まず、目に関するものとしては、目が痛む、疲れによる充血、かすみや視力の低下などがあり、それ以外では肩こり、胃痛や食欲不振、便秘などが起こることがあります。
ひどい場合は強い痛みや吐き気をもよおすこともあり、さらに進行すると眼精疲労はイライラや不安感、抑うつ、といった自律神経症状へ発展することもあります。

眼精疲労の原因は大きく分けて5つに分類できます

①視力の矯正不良

近視、乱視、老眼などがある方は、目の水晶体というレンズの厚さを毛様体筋という筋肉がピントを合わせるために調節をして、緊張しつづけています。それにより、眼精疲労が生じます。

また、コンタクトレンズやメガネを視力と合わないものをしていると、適切な矯正が出来ていないので眼精疲労の大きな原因の一つとなります。

②眼の疾患

ドライアイ、斜視、緑内障、白内障、眼瞼下垂といった様々な疾患によって眼精疲労も起こりやすくなってきます。緑内障の場合は失明のリスクもあるので、頭痛、充血、吐き気などが強く伴う場合はすぐ病院に行きましょう。

③眼の酷使

テレビやパソコン、スマホなどを長時間見ていて、目の使いすぎによる眼精疲労。現代はこのような生活を当たり前のように続けていますが、目にとってはかなりの負担になっています。

1時間ごとに休憩をとったり、温めたおしぼりや冷たいおしぼりを目の上にのせるなどのケアで血行を促しましょう。

④ストレス

精神的なストレスや睡眠不足などにより自律神経が乱れると目の筋肉が過度に緊張して眼精疲労を起こします。ストレスと目の疲れは一見関係なさそうに思えますが、ストレスによって自律神経は過剰に反応します。その結果、目の筋肉や神経といった微細な組織に影響が及ぶことも多いのです。

緊張状態が涙の分泌を抑え、ドライアイになりやすくなります。目の疲れ以外に胃の不快感やイライラなど思い当たる症状のある方は、ストレスが原因の眼精疲労かもしれません。

⑤体の病気

インフルエンザや、風邪、更年期障害、意外ですが、虫歯、歯周病、耳や鼻の病気などでも眼精疲労になります。

東洋医学的な考え方

東洋医学では「目」の機能を司るのは「肝」の役割だと考えます。肝臓の肝ですが、臓器そのものをあらわすのではなく、肝に代表される体の機能があり、そのことを指します。
肝の役割はほかにもあり、肝の機能が低下していると、目の疲れ以外にも以下のような症状が起こると考えられています。

  • 筋肉痛や肩こりなどが起こる
  • 夜ぐっすり眠れない
  • イライラする
  • 怒りっぽくなったり、感情の起伏が激しくなる
  • 集中できない
  • いつもより少量のアルコールで酔っぱらってしまう
  • 薬の副作用が強く出る
  • 貧血ぎみ
  • 生理痛がある(子宮筋腫などがある)

東洋医学的には、肝の機能を回復させる治療によって、これらの症状がすべて連動して軽減していくと考えられています。
眼精疲労だけで他の症状は全くないという方は少ないと思います。眼精疲労とともに全身の状態も向上していくのが鍼灸治療の素晴らしいところです。

筋肉や神経に作用する直接的な鍼効果

また、鍼によって筋肉を刺激することで、直接的な効果も期待できます。眼精疲労によって肩こりが始まり、硬くなった首や肩の筋肉が血流を悪くします。血液循環が悪くなると、老廃物がなかなか回収されず、ますます疲労が積み重なってしまいます。

筋肉が硬くなり、静脈は渋滞を起こしますがそれに関係なく、心臓は動脈を通して勢い良く血液を運び上げます。

その結果、血管が膨らんだ風船のようになってガンガンと頭痛がしてくることにつながります。鍼の刺激で筋肉の張りが緩和すると血液循環が改善され、首から上に溜まっていた老廃物が回収されます。

眼精疲労によって発生した老廃物もこうして回収され、目の疲れも楽になります。

また、鍼やお灸は、自律神経のうち副交感神経を優位にさせることがわかっています。副交感神経は、リラックスさせる神経です。緊張したりストレスを感じたりしている間は交感神経が優位になっているので、なかなか疲れがとれません。鍼灸治療で副交感神経を刺激することにより、普段の生活では取りきれない疲れやストレスが抜けていくのです。

いかかでしたか??

今回のブログが少しでもお役に立てたのなら

善用堂やまもと整骨院のHPをご覧くださいね♫

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://beauty-acupuncture.zenyodo.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

郡山市 整骨院/整体院 「善用堂やまもと整骨院」
住所:福島県郡山市安積町日出山字神明下41−1 ジュネスビクトリア1F

電話番号:024-973-5333

【善用堂やまもと整骨院LINE】健康情報を随時配信中♫ご予約もこちらから!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
友だち追加

 

【Youtubeチャンネル登録はこちら♫】→https://www.youtube.com/channel/UClDZ1aBkBH24on2h9rGZD_g?view_as=subscriber

【インスタグラムはこちら♫】→https://instagram.com/yamamoto.tadaomi

【アメブロはこちらから♫】→https://profile.ameba.jp/ameba/zenyodo-seikotsuin

【ツイッターはこちらから♫】→https://twitter.com/@zenyodotwitte10

-美顔鍼

Copyright© 美容鍼の善用堂 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.